• このエントリーをはてなブックマークに追加

採用システムの人材管理について

採用システムは人材の獲得や採用に関する業務を一つにまとめ、人件費の削減や効率化を実現させるシステムです。スケジュール管理から説明会、面接や筆記試験、選考や入社までの一連の動きをサポートします。忙しい業務のサポートをしてくれるので、社員の負担も軽減することが可能になります。
求人を出して希望者が応募しても、対応が遅いと違う企業に行ってしまうケースもあります。ですがシステムを採用することで、早く対応することが出来ます。優秀な人物を獲得するためにはスピーディーな対応と正確な対応が必要となる時代だからこそ、採用システムのような人材管理がポイントになるのです。
導入や運用に費用が抑えられたクラウドタイプのものもあり、採用システムは優秀な人材獲得のために必要不可欠となっています。

明確な目標や考えをまとめること

システムを導入するときには、まず社内での意識や目的をまとめておくことが大切です。導入後にやりたかったことや目的と違うシステムを取り入れてしまうとトラブルになってしまうので、社内で導入の目的や導入後の活用方法などを話し合うようにします。
会社が求めている人物像はどのような人なのか、この会社に合っている人物はどのようなタイプの人なのかをしっかり考えてからシステムや製品を選びます。また採用したいと考えているのは正社員なのかアルバイトなのか、新卒や中途採用なのか細かく基準を考えておくこともポイントです。
導入後はシステムの管理に関わりのある社員も使用することになるので、使い勝手や欲しいシステムについて意見を聞いて参考にするのも業務の効率化や短縮に役立つことがあります。

製品の賢い選び方や選ぶ時に注意したいこと

システムを選ぶ時には、まず使いやすいのかをチェックします。誰でも使うことができ、ストレス無く業務を続けることが出来るのかを確認します。
特に求人広告のデザインは担当者のストレスになることもあるので、分かりやすく使い勝手のいいものを選ぶようにします。また使いやすいように柔軟にカスタマイズが出来たり、カスタマイズしても誰でも分かりやすい仕組みになっているのかを確認することも大切です。
システムを使う時には大量のデータ管理や呼び出しが必要になるので、スピーディーに対応することが出来るのかを確認します。すぐにデータを呼び出せることで時間の短縮になり、業務の効率化に繋がります。データを管理するのでセキュリティーもしっかりしているのかチェックし、情報の漏えいなどのトラブルを防ぐことが出来るのか考えるのも注意点の一つです。

多様なダッシュボードでKPIをリアルタイムに可視化! 採用の管理が今まで紙メインで、データを蓄積していくことが困難だった企業様にもおすすめです。 新卒、中途を同時に新規でご契約した場合、初年度の3か月間無料でお使いできます。(※ご契約期間が12ヵ月以上の場合) 企業の人事担当にとって「ほしい!」と思っていただける多機能採用管理システムです。 多機能の採用システム