• このエントリーをはてなブックマークに追加

採用システムの導入により事務効率を高めることが可能です

新卒採用者の数が年々減少する中で、各企業における要員確保対策は、中途採用に頼らざるを得ない状況になっています。これまで人事採用部門では、新卒の採用にかかる募集、選考、内定通知、入社準備といった業務を1年間で行ってきましたが、中途採用枠が拡大することによって、業務量が格段に増加することになりました。 業務量が増えることになれば、そこに配置する要員数を増やすことができれば良いのですが、企業全体として要員が不足している現状において、人事採用部門のような非現業部門に要員を増やすことは得策ではありません。要員配置の基準はあくまでも、現業部門に手厚くすることです。したがって、人事採用部門においては、これまで以上に作業効率を上げることが基本であり、採用システムを導入する意義でもあるのです。

中途採用を行う上でも課題とシステム導入に向けての準備

中途採用の雇用管理が困難である理由は、圧倒的に業務量が多いことです。1年中募集を行っている企業も少なくありませんから、採用から雇用までの業務を短期間に繰り返していくことになるのです。 加えて、従来どおり、新卒採用に向けた準備も行わなくてはならないことから、本来、最も重要である採用計画や採用基準の見直しも後回しになることが多く、企業のニーズに合わない人を雇用してしまうことも少なくありません。 そこで、中途採用の方法を見直すためには、システムの構築や導入を行う前に、まずは各部署において必要な人材を詳細に分析して明確化することから始めます。 さらには、中長期的な採用方針や必要とする人材を確保するための採用基準を見直すことで、本当に欲しい人材が雇用するための仕組み作りを行っていくのです。

採用システムの概要と導入によりもたらされるメリット

中途採用を成功させるためには、必要とする人材を明確にするとともに、採用した人材が会社にとって有益であったかを検証し、その評価反省を次回の雇用に活かすことです。 そのためには採用事務の効率化は避けて通れません。採用システムではこれを実現するために、求人募集から採用までのプロセスをシステム上で一括管理することで、社内でのデータ共有を容易にし、内定者に対する自動メール通知機能などの付加機能を追加することを可能としています。 また、システムでは求人媒体ごとに中途採用した人材が期待通りの実績を残しているのかを検証することができます。したがって、人事採用担当者は本来行うべき、求人媒体の絞り込みや採用基準を見直すための時間を確保し実践することが可能となりますから、より高い確率で優秀な人材を確保することができるのです。