• このエントリーをはてなブックマークに追加

採用システムは戦略を具現化するものです

会社にとって有益な人材を各階層において確保することは、極めて重要な課題である反面、労働市場が少子高齢化の影響を受けている中では、解決が非常に困難な課題でもあります。 長く続いた不況の中で、新卒採用枠の縮小、大規模なリストラや早期退職を行わざるを得なかった事情を考えると、新卒採用に加え中途採用も積極的に行っていかなければ、十分な人材確保はできません。会社の人事担当は、1年中、採用事務に追われているのが実態です。 特に、これまで採用事務は秘匿性のみが重視され、担当者ごとに事務を進めてきたため、膨大な労力と時間を必要としてきただけでなく、データ管理が十分にできていませんでした。そのため、どういった求人媒体を経由した人が、採用後、会社に利益をもたらしているのかも分析できていませんから、いつまでも大量の求人広告を出稿するしかないのが現状です。

採用システムの基本的な考え方と事務の効率化

採用管理に最も重要なことは「戦略」であり、採用システムはそれを具現化するものです。少子高齢化が進んでいる労働市場において、優秀な人材を集めることは極めて難しい課題です。 したがって、従来の方法では優秀な人材は確保できません。そこで、まず会社の人材担当者が行わなければならないのが、各階層において、どういった人材が必要なのか明確にすることです。年齢、性別、スキル、将来にわたってのキャリアパスといった項目を具現化することで、中長期的な採用計画を策定することが可能となります。 この採用計画に基づいて、採用事務を行うことになりますが、ここで重要なのが「システム化」です。採用事務を社内LAN上にシステム化することで、社内で情報共有を図り、無駄な事務を排除し、採用担当者は事務に追われるのではなく、戦略に傾注できる職場環境を整えることが大切なのです。

採用システムの本質と具体的な活用方法

優秀な人材を確保することは、各社共通の課題ですから、当然、競合他社との競争は避けられません。その一方で、会社経営の観点からは、採用担当など非現業部門に必要以上の労力を投入することは得策ではありません。そこで、採用計画を策定し、採用事務をシステム化することで、戦略に傾注できる職場環境を作ることが重要となりますが、大切なのは、常に分析と適切な改善を加えることです。 そのためには、システムに積み上げられたデータが大切になります。どういった求人媒体を経由した人が、選考試験に合格し、また、入社後に実績を上げているのかを分析することで、求人媒体の絞込みや選考試験の見直しを検討することができます。こうした分析と見直しを重ねていくことが、優秀な人材を確保する近道でもあるのです。